四季折々
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身近の優しいプレゼント
この1週間はちょっと忙しすぎました。
疲れが溜まったのでしょうか、昨日は12時間も眠ってしまいました。
すごいでしょう? きっと誰にも信じてもらえない身体だと思います。

その間、暇を見つけて家で撮った写真です。

 まず、東京から娘が“母の日”に届けてくれたプレゼント。
開けてみると、高級な虎屋の水羊羹の詰め合わせが入っていました。
うれしい気持ちと同時に、家計のやりくりは大丈夫?と少し心配。
でも、贈り物は素直に喜ぶことに。
金銭感覚は案外、私よりしっかりものです。

虎屋の水羊羹

 数日後、母が主人のために取り寄せたプレゼントは、
博多の“やまや”の辛子明太子と辛子高菜。
大きなタラコは、結構、食べがいがあります。
植え木を刈り込んでくれたお礼だそうで、主人は大好物に大喜びでした。

IMG_3109.jpg

お隣さんから頂いた“うすいえんどう”も有り難いです。
旬のお野菜は大歓迎!
豆ご飯もいいけど、かに玉も・・・、やっぱり一番簡単なのは卵とじ?
献立を決める前にとにかく豆を取り出し、冷凍保存。

IMG_3098.jpg

それぞれの思いが伝わるプレゼント。
体力もパワーアップしそうです!!!




スポンサーサイト
空也もなか
   娘からの東京土産「空也もなか」です

IMG_2566.jpg

   明治17年に創業以来120年、夏目漱石、林扶美子などの文豪や梨園の方々にも
   愛され続けている“もなか”だそうです。

IMG_2570.jpg

        程よい甘さの粒あんとサクッとした皮、口に丁度いい大きさが
        リピーターを多くつくる原因なんでしょうね。
 
お店の案内文には和菓子の発送・配達をお受けできず、カード利用も不可とのことが
 お詫びとともに丁寧に書かれています。
 いわゆるお取り寄せができないのは残念ですが、保存料、合成着色料は使わずに
 その日のうちに売り切るのが空也スタイルらしいです。

 もなかのおいしさは言うまでもありませんが、私が何より感動したのは、この案内文。
 この時勢に適応しない商法を丁寧にお詫びされた上でご自分の商いを貫く精神は
 地元を愛する気持ちがあればこそ。

 高級店が並ぶイメージのある銀座に位置しながら、安くて美味しい和菓子のお店です。







酒ケーキと酒かすてら
IMG_2353.jpg

法事のお返しにお茶のセットとiいっしょに"北の誉"のケーキが入っていました

"北の誉"といえば北海道ではあまりにも有名な酒造会社です

なので、このケーキの製造者は別のお菓子会社の名前が書かれています

近頃はお酒の会社もいろんなことに挑戦されているんですね

肝心の味の方はどうかといえば、「ふゎ~っと、しっとりしておいしい

ほんのりお酒の香りもあって・・・」と、これは酒ケーキの感想ですが

酒かすてらはまたの機会にいただくことに・・・

洋酒のケーキにすっかり慣れてしまった日本人ですが、日本酒もやりますねV


半兵衛麩
学生時代からの友人2人と久しぶりに京都へ出かけました。
目的地は3つあります。1つ目は生麩のお料理を食べさせてくれる「半兵衛麩」というお店。
ここでは虫養い料理という献立だけが用意されています。

IMG_2283.jpg

田楽、ゴマ和え、佃煮など、すべて生麩が使われています

image2.9半兵衛麩

おいしいみぞれ和えと汲み上げ湯葉です
揚げた湯葉はサクサクとおやつ感覚で
よもぎ麩の味噌仕立ては少し甘いかな

入り口は広くありませんが店内は結構広く、この日は座敷でゆっくりできたのが幸いでした。
予約制なので椅子席も満席、私たちの座敷も既に予約で待っている人がいました。

IMG_2291.jpg

そのあとは友人が希望する清水寺へ。
女3人寄ればかしましいばかりでなく、結構、途中での寄り道が多いんです。
清水さんへ行くまでの参道にあるいくつかのお店を覗いてみるのも楽しみの一つ。
七味やで山椒を買い、お寺ではお守りを買いました。
この日は外国人の姿が多く見られ
遠くの景色を眺めながら仲良さそうな長い会話が・・・別に耳を済ませて聞いていたわけではなくて
大きなジェスチャーとおくちパクパクで何となく

IMG_2295.jpg

3つ目の目的地は私の希望で「加藤順漬け物店

IMG_2300.jpg

ここの千枚漬けは甘味が少なく、素材を活かした自然な味。
しば漬けと菜の花漬けも京都らしい薄味です
小さなお店ですがお漬け物の種類は多い

image加藤順

家に帰れば主人が待っていました。これが現実の世界。
早速、主人のご機嫌をとりながら、晩酌のアテを心を込めて作りました。


お吸いもの最中
IMG_1852.jpg

忙しいときに簡単に作れるお吸い物は主婦の大きな味方。

お寿司に、おにぎりに添えるだけでお腹がふくらみます。

最中の真ん中を指で押して割り、そこをめがけて熱湯を注ぐと

中から梅や桜の形のいろんな具が飛び出て、これが楽しい!

金沢の
不室屋の”お吸いもの最中”が私は好きなのですが

最近、これとよく似たものをいただきました。(下の写真)

IMG_1864.jpg

袋には同じ金沢にある会社で(株)シンヤと書かれています。

中に入っている具の材料も味も不室屋とほんとそっくり。

添加物にこだわらない方におススメです。









プロフィール

kiyo888

Author:kiyo888
FC2ブログへようこそ!

好きな言葉
「焚くほどは風がもてくる落ち葉かな」
                    

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。