四季折々
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うれしいギフト
IMG_2150.jpg

この手作りのかつおでんぶ、ふわぁ~っとしておいしいんです。
ご実家が、かつお節問屋をされている友人が作ってくれただけに味は格別。
いろいろある鰹節の種類の中でも“白かつお”というものだけを準備し、砕いて
みりん、しょうゆ、お砂糖で味付けするのだそうです。
普段はパン好きの私もこの一品があれば、ついご飯のお代わりをしてしまいます。

IMG_2576.jpg
鹿児島の離島から毎年送られてくるタンカンは、とってもジューシー!
この辺りのスーパーマーケットでは見かけません。

IMG_2586.jpg
ご近所の香川県出身のご夫婦からよくいただく讃岐うどん。
やはり本場のものは歯ごたえがあって最高です。

IMG_2591.jpg

ホワイトデーに息子からもらった抹茶の生チョコは神戸の岡本にあるチョコレートハウスの製品。
美味しい上にオシャレなパッケージが素敵。
でも、この日、主人が持ち帰ったホワイトデーにちょっとふさわしくない品も心がこもって
うれしいギフトでした。
大阪名物の豚まん、たまに凄~く食べたくなるんです。
キルフェボン
先日の「半兵衛麩」の続きですが・・・
京都にあるケーキのおいしいお店「キルフェボン」はフランス語で「なんて陽気な日なんでしょう」
という意味があるのだそうです
人気があるらしく訪れる度に満員です。
この日も平日なのに番号札を渡され、待つべきか待たないで帰るべきか迷った主婦3人。
時刻は午後の3時半、ティー・タイムには丁度いいのですが帰路に着くには時間がかかるし、どうしよう。
迷った挙句、お店に入ることに・・・。

IMG_2306.jpg
お店の入り口です。
小さなお店の真ん中に大きなケーキのショーウィンドウが目立ちます。

IMG_2303.jpg
ここのケーキはどれもフルーツがたっぷり入ってます
私はイチゴタルト

IMG_2304.jpg
友人の1人はマンゴーのババロア

IMG_2305.jpg
もう1人はブルーベリー入りのイチゴタルト

IMG_2327.jpg

家族が待つ夕食の準備を気にしながらも自分の口のかわいさが勝ってしまった私たち、
少し反省です
帰宅して家族に半兵衛で買った笹巻麩まんじゅうとお茶でサービス
やっぱり出来立ての和菓子はやわらか~い
口に入れるととろけるような食感でした!

バレンタインデー
IMG_2347.jpg

3日前に買ったチョコレート3つ
行き先は何処へ
1つは東京に送りました
昨夜、東京から「届いたよ!」と娘の元気な声
婿からもお礼とともに「毎日、お料理頑張ってくれてますよ、
今からお茶と一緒に頂きます」とうれしい言葉
律儀な彼に気を遣わせてしまったかな

あと2つの行き先は主人と1人暮らしの息子、さてさて2人の反応は?
主人は当然のようにもらったあとコーヒーを飲みながら静かに食べてます
黙って食べるときは美味しい証拠、・・・やれやれ良かった

あともう1つは応答ナシです、まだ受け取りに来なくて・・・
チョコレートはもう充分にもらってますってことなのかな?
それはそれでいいはずなのに
母親って、我が子がいくつになっても待ってしまうんですね
新たなスタート
娘のウェディングが済み、私と主人にとっても新たなスタートを切りました。
「お料理頑張ります」と娘の結婚式での所信表明にエールを送りながら、
こちらも頑張らねばと気合の入れ直しをする毎日です。

最近作ったメニューの一部ですがご覧下さいね。
年が明けて再び北海道から届いた鮭と昆布に大喜びしたのですが、
冷凍された鮭はあまりにもカチカチに凍っていたので1日冷蔵庫から出して置きました。
ところが夕方になってもほとんど解凍されてないんです。
これはさばくのに大変と思い、3枚卸をあきらめて筒切りにし、サーモンステーキをしました。
3、4cmのちょうどいい厚さに切った鮭をフライパンで色よく焼きます。
最後に塩コショウをしてバターをのせるだけで出来上がりの超簡単料理!
白ワインで蒸し焼きにしてもいいかもしれません。

IMG_2269.jpg

数の子の松前漬けも主人は酒の肴に、私はご飯と一緒に。

IMG_2277.jpg

気がつけば、この日は鮭の解体作業に手をとられ、調理したのは塩コショウとバターだけ、
お料理を頑張ったという実感がわかなかったのですが、家族の反応は予想外!
「とにかくおいしい、おいしい」の連発でした。 
良い食材はそれだけで充分。余計な味付けは要らないようです。


楽屋見舞いを楽しみに・・・
去年の暮れに娘が職場や同窓会で頂いた花束が今尚、大活躍です。
大きな束を小分けにし、各部屋に飾りました。

そのうち1つは母の部屋へ。
母の部屋はドアを開けると洋間があり、その奥に和室二間があります。
お花は和室のテレビ横に添えてあります。
和室の入り口にあるのれんをくぐると一気に華やかな雰囲気になり、
ちょうどスターの楽屋みたいになってます。
もっとも自称佐久間良子さんなのでお花一杯には慣れてるようですが・・・(笑)
スターはお花があるないにかかわらず、きっと楽屋見舞いに訪れるファンを
楽しみにしているのでしょうね。
娘、息子も楽屋見舞いが大好きです。

2009年花束3
2009年花束2

床の間とプレゼント用の小さな花束も作りました。

花束2009年




プロフィール

kiyo888

Author:kiyo888
FC2ブログへようこそ!

好きな言葉
「焚くほどは風がもてくる落ち葉かな」
                    

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

World-Word-翻訳

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。